散策風土記 第三章

カワセミなどの野鳥撮影を楽しみ、時々サイクリング。自己満足の世界で生きてます。

カワセミに魅せられて 146

blog_pic2020000776.jpg 穏やかな冬晴れの下、計ったようにほぼ30分間隔で飛んで来て第7ラウンドまであり。 そして、合計90回以上のダイブ。 ==== 無駄打ちが多くて1,700枚を持ち帰り、用事を済ましてから帰宅して画像処理では54枚だけ現像。 んでもって、ブログに載せるのは20枚以下。 ええねん、これで。 ちなみに、RAWで撮った画像はLightroomで現像しているが、取り込む段階でカワセミ用の一括バッチを適用している。 本来なら時間帯毎に条件が違うので分けてやるべきだけど、 これだけで大幅に時間を短縮出来る(後はトリミングして微調整で済むから)。 所詮は適当なブログだし、ちゃんと仕上げるような写真が撮れているわけでもないしね(^^; ↓第4ラウンド以降の画像から抜粋。 好みでもあるけど、常々透明感ある写真を撮りたいと思っている。 blog_pic2020000791.jpg blog_pic2020000795.jpg blog_pic2020000805.jpg blog_pic2020000800.jpg blog_pic2020000806.jpg ↓貴重な20枚の中に敢えてコレを載せたのは、 カワセミが頭を左右に振りながら水から上がってくる動きが水飛沫に現れていたので(そして、真正面の水上り)。 blog_pic2020000810.jpg blog_pic2020000811.jpg blog_pic2020000812.jpg ↓今日はテレコン付けずに500mmで撮っていたので、ファインダーで追い掛けた。 最近、何故かロクヨンを買った夢を何度か見たが、やっぱりゴーヨンは扱いやすくて良く写ってくれる。 blog_pic2020000815.jpg blog_pic2020000817.jpg blog_pic2020000813.jpg ↓わざわざ載せる画像じゃないのに、不思議と足の裏が目に留まってw blog_pic2020000807.jpg blog_pic2020000818.jpg ↓そんなこんなで、ダイブ祭りがあって楽しませてもらった次第。 とにかく、大食漢のベッコである。 blog_pic2020000821.jpg blog_pic2020000824.jpg blog_pic2020000826.jpg ↓ラストダイブ。 金の光(玉じゃないとダメでしたっけ?)。 blog_pic2020000828.jpg 11時前の撤収でおしまい。