散策風土記 第三章

カワセミなどの野鳥撮影や昆虫探索を楽しみ、時々サイクリング。自己満足の世界で生きてます。

草刈り

f:id:xjmarin:20211017075755j:plain

 

昨日は早めにカワセミ撮りを切り上げたので、ちょいと回り道して昆虫探し。

夏場に何度か訪れた場所だが、今の時期は綺麗に草が刈り取られて・・・。

 

広範囲の草刈りは大変だし、とてもありがたいことだ。

ただ、昆虫が見つかる可能性は下がってしまう(まぁ、少なくなってくる季節でもあるけど)。

 

↓残っている草地で最初に被写体になってくれたのはコバネイナゴ

 

f:id:xjmarin:20211017080507j:plain

 

f:id:xjmarin:20211017080508j:plain

 

↓続いて、目にしたのはウラナミシジミ

残念、開翅はせず。

 

f:id:xjmarin:20211017080703j:plain

 

テントウムシの仲間はアブラムシなどを食べる益虫だが、野菜などの植物を食べる害虫も居る。

それが、この28個の斑紋を持つニジュウヤホシテントウで、俗に「テントウムシダマシ」とも呼ばれる。

 

f:id:xjmarin:20211017081337j:plain

 

イチモンジセセリキタキチョウ

 

f:id:xjmarin:20211017081604j:plain

 

f:id:xjmarin:20211017081613j:plain


↓ホソヒラタアブとアシブトハナアブ

 

f:id:xjmarin:20211017081437j:plain

 

f:id:xjmarin:20211017081448j:plain

 

ガガンボとテンクロアツバとカゲロウ(の仲間)。

 

f:id:xjmarin:20211017081713j:plain

 

f:id:xjmarin:20211017081716j:plain

 

f:id:xjmarin:20211017083019j:plain

 

↓マユタテアカネとオオアオイトトンボ

濡れているのは到着前に通り雨があったせいで、必然的にGORE-TEXのシューズで良かった。

 

f:id:xjmarin:20211017081758j:plain

 

f:id:xjmarin:20211017081800j:plain

 

↓ハラボソトガリメバチ(かな?)とヒゲナガヤチバエ(かな?)。

 

f:id:xjmarin:20211017082108j:plain

 

f:id:xjmarin:20211017082940j:plain


ヨモギハムシだと思うけど、似たような奴も居るから自信なし。

光沢のある銅色で綺麗。

 

f:id:xjmarin:20211017083248j:plain

 

↓面白い模様だったので・・・。

 

f:id:xjmarin:20211017083610j:plain

 

↓オンブバッタ。

 

f:id:xjmarin:20211017083831j:plain

 

ヤマトシジミツユクサに留まってくれた。

 

f:id:xjmarin:20211017083936j:plain

 

f:id:xjmarin:20211017083933j:plain

 

↓ウラギンシジミも見つかった。

翅を開いてくれたら綺麗なオレンジ色が見えるんだけどねぇ。

 

f:id:xjmarin:20211017084047j:plain

 

↓最後はトラマルハナバチ

 

f:id:xjmarin:20211017084204j:plain

 

おしまい。